レオパレス21のシステムについて

一人暮らし生活をするとなると、アパートやマンションを賃貸契約することの他に、
レオパレス21を利用するということも、一つの選択肢になってくると思います。

そこでこのサイトでは、レオパレス21のシステムについて紹介し、
メリットとデメリットについて、考えてみました。

これから一人暮らしをしようとする方の、参考になったらと思っています。

レオパレス21の契約方法は3種類

レオパレス21の契約方法は、次の3通りあります。

  • マンスリーシステム
  • 賃貸システム
  • ウィークリーシステム

まずはこれら3通りの契約方法の、それぞれを詳しく紹介したいと思います。

マンスリーシステム

レオパレス21のマンスリーシステムは、「マンスリーレオパレス」と呼ばれています。
マンスリーレオパレスは、3ヶ月以上の契約を、1ヶ月(30日)単位ですることができます。

ですから2ヶ月の契約は、マンスリーレオパレスではできませんが、
3ヶ月以上であれば、4ヶ月でも5ヶ月でも、1月刻みで契約できます。

家具と家電が付いている

マンスリーレオパレスは、ホテル感覚での入居が可能で、部屋には一通りの家具と家電が揃っています。
マンスリーレオパレスに用意されている家具・家電は、次の通りです。

テレビ、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、布団一組、テーブル・椅子、カーテン

また部屋によって、次のものが付いている場合があります。

TVモニター付きインターフォン、宅配ボックス、浴室乾燥機

光熱費は料金に含まれている

マンスリーレオパレスの光熱費は、利用料金に含まれています。
ですから別個に払う必要はありません。

料金は前払い

マンスリーレオパレスの料金は、前払いです。
現金、銀行振込み、クレジットカードでの支払いが可能です。

長期割引あり

マンスリーレオパレスの利用料金は、長く借りれば借りるほどお得になります。
6ヶ月契約なら、3ヶ月契約に比べて約4.5%、12ヶ月契約なら約24%の割り引きです。

インターネット使い放題

光ファイバーまたはADSLが全部屋に設置されていて、インターネットが使い放題です。

料金詳細

利用料金は、部屋代の他に次のものが必要となります。

  • 鍵交換費 3,150円
  • 清掃費 1,570円/月
  • 環境維持費 520円/月
  • 設備負担金 520円/月
  • ライフサポートサービス 3,500円/月
賃貸システム

賃貸システムでは、レオパレスの部屋を一般の賃貸アパートと同じような形で借りることができます。
光熱費もマンスリーレオパレスとは異なり、実費を負担することとなります。

賃貸システムは、6ヶ月以上の利用から可能です。

利用料金は月払い制

利用料金は、指定の金融機関から、毎月の自動引き落としとなります。

初期費用は1ヶ月分

賃貸住宅の契約をする場合、多くは礼金や敷金などで2〜5ヶ月ぶんの初期費用を支払う必要があります。
レオパレスの賃貸システムは、初期費用は「システム料」の家賃1ヶ月分のみです。

県内ならお得に住み替え

レオパレス21の県内での住み替えの場合には、初期費用31,500のみとお得になります。
県外の場合は、通常と同じシステム料がかかります。

料金の詳細

賃貸システムの料金の詳細は、次の通りです。

入居時

  • 家賃 1ヶ月分
  • システム料金 家賃1ヶ月分
  • 共益費 3,000円
  • 環境維持費 520円
  • 鍵交換費 3,150円
  • ライフサポートサービス 25,000円
  • 抗菌施工費 15,750円

退去時

  • 清掃料金 26,770円(ワンルームの場合)
ウイークリーシステム

ウィークリーシステムは、2週間〜3ヶ月までの利用が可能で、1週間毎に申し込めます。

家具・家電・インターネット付き

ウイークリーシステムは、マンスリーシステムと同様、家具・家電、
使い放題のインターネットが付いています。

光熱費は料金に含まれる

光熱費は利用料金に含まれるので、別個に支払う必要がありません。

利用は前払い

利用料金は、利用したい期間の分を一括して前払いすることになります。

割引きシステムあり

インターネット決済で申し込むと、店頭価格の5%割引となります。

新生活に合わせて引っ越すには便利

最近のフィットちゃん 2015は丈夫に出来ていますから、6年間使っても、まだ問題なく使えることが
少なくありません。
ところが小学校を卒業してしまったら、もうランドセルを使う機会はありません。

「せっかくの思い出の詰まったランドセルなのに、もう使えないのはもったいない・・・」
そういう声が多くなってきたことから、最近ではランドセルをリメイクし、
別の革製品として生まれ変わらせる工房が増えてきました。

様々な工房がありますが、多くは一つのランドセルから、1〜2万円程度の値段で、
複数の革小物を製作します。
また名入れができるなどのサービスを行っているところもあります。

リメイクでいる革小物の例

リメイクするものとして人気なのは、まずは財布です。
財布は耐久性が必要とされますから、丈夫なランドセルは打ってつけだというわけなんですね。

フィットちゃんランドセルからリメイクできる財布は、長財布も2つ折り財布も可能です。
内装には、新たにヌメ革を使用する工房もあります。

またその他に、スマートフォンケースなども人気です。
スマートフォンがすっぽりと入り、そのままカバンやズボンに取り付けられるようになっています。

またトラベルトレイは、変わったアイディアだといえるのではないでしょうか。
普段は平たくでき、場所を取らずに持ち運べますが、四隅の金具を取り付けることにより、
トレイとして使えるようになります。

ベルトループも人気です。
金具部分は、フィットちゃんランドセルについていたものを再利用することもできます。

また名刺入れやパスケースなどは、定番だといえるでしょう。
キーケースやコインケースも、注文が多いのだそうです。

丈夫で長持ちするものを使えば節約に

私が財布に拘りを持っている部分は、丈夫であるかどうかという点です。
なるべく厚く、何年でも使えるものが良いと思っています。

素材としては革を使ったものが良いと思っていますが、
それ以上に作りがしっかりしている物がいいと思っています。

長財布の方が好きですが、折りたたみのタイプもポケットに入りやすいので嫌いではありません。

色は落ち着いた色の方が好きなので、今は黒を使っています。
あまり目立つような色は使いたくないという習性があるので、
私は黒やブラウンなどの落ち着いた色にすることが多いです。

値段に拘りはないので、安くても丈夫で使いやすいものであれば問題ありません。
値段が高くても使いにくいものは避けています。

そしてシンプルであることを重視しています。あまりごちゃごちゃとしている物は、
取りだす時に面倒になってしまうので使いません。

昔は盗難防止のためにチェーンを付けていたのですが、
よく絡まって外せなくなってしまうので今は使っていません。
これが影響してシンプルな物を購入するようになりました。

現在使っている財布は1000円の安売り品です。
それでも使い勝手はいいので満足しています。

近くのスーパーに行くと、1000円程度で買える財布が幾つか存在し、
その財布を見ているだけでもちょっとした楽しみを覚えます。

高ければいいということはないですし、ブランド物が特別いいとも思っていません。
安くて使いやすく、何年も持つような物ならば最高だと思います。

もしプレゼントで貰うとするならば、グッチの財布が欲しいですね。
私はグッチの財布にちょっとした憧れを持っており、もし購入出来るのであれば欲しいと思っています。

しかし他の商品にお金を使うことが多く、なかなか購入する機会はありません。
そのためグッチは遠い存在でもあります。

プレゼントで貰えるのであれば嬉しいですし、
そうした財布を渡してくれると方に出会えれば一番いいですね。

今の財布は折りたたみなので、出来れば長財布が欲しいです。
もし高いものは無理だと言われたら、安い長財布でもいいと私は言います。

別に安くても使いやすいものであれば、プレゼントされて嬉しいと思えるはずです。
そのため丈夫で長持ちする長財布であれば、私は良かったと思えるかなと考えています。

どちらにしろすぐに壊れてしまうような財布だけは欲しいと思わないので、
あまり凝ったものではなく、シンプルな財布を渡してくれれば別にいいと思っています。

今人気の財布はコレだ! 財布メンズのブランドランキング!

レオパレスってどう?噂を調べてみた

その他の記事